電話料金を安く済ませる方法はいくつかあります。一番の方法は電話を使わない事ですが、現代社会ではそうはいきません。しかし、電話をかける事が少ない方で、メールもインターネットも使わない方なら、電話の維持費に特化した方法にすれば良いのです。プリペイド型の携帯やスマートフォンであれば、それが実現できます。

プリペイド型の携帯電話、スマートフォン

Docomoでは2012年に「ぷりコール」はサービス終了となってしまいましたが、auやSoftBankでは、プリペイド型の携帯電話、スマートフォンのサービスがあります。

まずは本体を電話会社のショップか、オンラインショップで購入。購入した時点で、電話料金はチャージされていますが、その料金がなくなりそうであれば、プリペイドカードを購入し、チャージ出来ます。

サービスの中にはメールやインターネットもオプションとして、月額で支払って使用する事も可能です。電話番号有効期限があり、電話料金の残高が無くなってから360日で電話番号が解約されてしますので注意して下さい。

これらの特色がありますが、一番の特徴は維持費の安さ。本体を購入しているので、電話した料金分とわずかなユニバーサル使用料を払うだけです。基本料金は一切かかりません。その電話料金も金券ショップを上手く利用する事で抑える事ができます。

金券ショップでのプリペイドカード購入

電話会社のプリペイドカードを買い過ぎて、金券ショップへ売られる方は意外と多いです。そういったルートなどで、通常の定価よりもいくらか安い価格で、電話会社のプリペイドカードを購入する事が出来ます。

また、郵送買取りを用いて接客の人件費を削減し、電話会社のプリペイドカードの価格を抑えているお店もあるのです。人件費を抑えているショップと言えば、オンラインショッピングを利用するのも良いでしょう。

個人で売買されている方の中には、利益目的よりも処分する事に重点を置かれている方もいらっしゃるので、とても安く購入出来る場合があるからです。

テレフォンカードという選択肢

「プリペイド」という事を「先払い」という観点からみれば、テレフォンカードも立派なプリペイドカードですね。携帯電話が無かった全盛期に比べれば、数は減りましたが、まだまだ金券ショップの花形商品です。

街中の公衆電話まで行かねばなりませんが、本体料金もかからず、維持費もかからないので、実質、最も安く電話を利用出来ます。また、テレフォンカード自体にプレミアが付く場合があるので、将来の値上がりを見通して購入するのも、ユニークな先行投資として、面白いでしょう。

まとめ

電話料金を抑える方法として、プリペイドカードを利用するのも一つの手です。

駅近くに金券ショップは多く存在しますから、一度、覗かれてはいかがでしょうか。アナタにピッタリの方法が見付かるかもしれません。