各種のプリペイドカードの取扱いを行う金券ショップですが、電話会社のプリペイドカードも取扱いしています。

金券ショップで取扱う電話会社のプリペイドカード

昨今の携帯電話やスマートフォンの普及により、私達を取り巻く電話事情は大きく変わってきています。

以前は街中のどこでも見かけることができた公衆電話の数が激減しており、格安携帯が台頭してきたこともあり、携帯電話会社のプリペイドカードや国際電話プリペイドカードなどは、あまり見かけなくなっているのが現状です。

しかし、だからといってまったく見なくなったというわけではなく、今もまだ電話会社のプリペイドカードは流通していますし、使っている方もいます。よって、金券ショップを覗けば、電話会社から発売されているプリペイドカードが店頭に並んでいることがあるのです。

金券ショップに電話会社のプリペイドカードを売る時に注意すべき点

携帯電話会社のプリペイドカードの注意点として、登録してから定められた期間が経つと、残高があったとしても発信ができなくなります。そのため、金券ショップに携帯電話会社のプリペイドカードを売る時は、有効期限の残りがどれくらいあるかを確認しておくことが必要です。

有効期限がわずかだと買取してもらえない可能性があります。金券ショップのすべてが携帯電話会社のプリペイドカードの買取や販売を行っている訳ではありません。

以前に比べてプリペイドカードを使って電話をする人が減っているため、金券ショップによっては電話会社のプリペイドカードの買取は行っていないというところもありますので、自分が利用したい店舗で取扱いしているのかをあらかじめ確認してから売りに行くと安心です。

公衆電話で使えるテレフォンカードは、使える場所が減少していることと相まって、買取価格が以前に比べてかなり安くなっている傾向にあります。テレフォンカードの中には、個人が趣味で作ったものや個人の写真、名前入りのものなどがありますが、このようなタイプのものは買取してもらえないので注意が必要です。

これから先、ますます携帯電話やスマートフォンを持つ人が増えることが予想されるため、自宅に使っていない市販のテレフォンカードがある場合は、早めに買取に出してしまいましょう。

まとめ

電話会社のプリペイドカードを金券ショップで売る時のポイントをご紹介しました。